production-header3.jpg
title.png
AJL-Logo.png
ajl-intro3.png

本作品はゲッベルスの秘書ブルンヒルデ・ポムゼルの証言を記録した『ゲッベルスと私』の【ホロコースト証言シリーズ】第2弾作品となる。本シリーズは世界的に戦争体験者が社会からいなくなる中、人類史上最大の悪であるホロコーストの記憶を被害者のみならず、加害者、賛同者、反逆者の視点からも捉え、多角的に戦争の真実を記録するシリーズである。すでに撮り終えている第3弾企画はアウシュヴィッツで人体実験を繰り返したヨーゼフ・メンゲレ医師に関係した元少年・囚人の証言ドキュメントである。ゲッベルスと私 HP

シリーズ公式ロゴ

シリーズロゴ BLK.jpg

​製作者プロフィール

Christian Krönes

クリスティアン・クレーネス

christiankroenes2-1-1024x683.jpg

(監督・プロデューサー・プロダクション・オーナー)

1961年11月2日フェルトキルヘン・イン・ケルンテン生まれ。ブラックボックス社代表(ウィーン)。オーストリア、ドイツのテレビ局でディレクター・プロデューサーを務めた後、ピーター・ユスティノフ(英)と難民の子供たちを支援する財団を設立する。プロダクションの代表作『ゲッベルスと私』(本国公開2016年)はヨーロッパ映画賞最優秀ドキュメンタリー作にノミネートされる。

Christian Kermer

クリスティアン・ケルマー

AJewishLife3.jpeg

(撮影監督・編集)

オーストリア・グラーツ出身。大学で情報デザインを専攻した後、ザルツブルク応用科学大学でマルチ・メディアアートを学び修士号を取得し、2014年よりブラックボックス社で撮影監督(DOP)兼編集を担当している。

Florian Weigensamer

フロリアン・ヴァイゲンザマー

florianweigensamer-1024x683.jpg

(監督)

1973年1月24日ウィーン生まれ。ウィーン大学で政治学を専攻する。卒業後、政治誌「Profil」に入社しジャーナリストとしてキャリアをスタートさせた後、通信社へ転職し欧州のニュースやルポタージュを世界に配信する。その後、クリスティアン・クレーネスと出会い数多くの政治・社会番組を制作し、クレーネスと共に2006年にブラックボックス社を立ち上げる。

Roland Schrotthofer

ローランド・シュロットホーファー

スクリーンショット 2021-09-15 8.21.07.png

(​プロダクション・マネージャー)

ウィーン大学でメディア論、心理学、経営を学びながら映画や演劇の制作に携わる。在学中に制作した短編映画はオーストリア放送協会(ORF)で放送される。ブラックボックス社ではプロダクション・マネージャーとして活動する。

​Blackbox Film & Medienproduktion GmbH

​ブラックボックス・フィルム&メディア株式会社

ブラックボックス社はオーストリアのウィーンを拠点に国際的に活動するドキュメンタリー映画の製作プロダクションです。プロダクションには学際的なメディア企業やフィルムメーカーが集まりチームとして高品質のドキュメンタリー作品を制作しています。その豊富な経験から歴史的、文化的、社会的問題をテーマにしたドキュメンタリーやテレビ番組を制作しています。最高の品質基準への妥協のない取り組みにより国際的な放送局のパートナーとしての地位も確立しています。プロダクションの目標は、世界的に幅広い視聴者に向け、斬新な映像作品で新たな視点を提供することを目指しています。ヨーロッパ映画賞はじめ多くの国際映画祭の賞にノミネート・受賞されています。

プロダクション・ステイトメント

ブラックボックス・フィルム&メディアの設立は、情報伝達手段としてのコンテンツと感情表現に不可欠な手段としてのフォームへの明確なコミットメントである。映像が過剰に供給されている時代だからこそ特にそうである。コンテンツは形を必要とするが、同時に形を決定するものでもある。

ディレクターズ・ノート / ステイトメント

平和で豊かな民主主義国家であるヨーロッパで育った私たちにとって、マルコ・ファインゴルトの人生を支配した世界は信じられないほど遠いものに思えます。戦争やファシズムの危険性は永遠に無くなり、私たちがそのような問題と向き合う必要はないと考えている人も多いでしょう。私たちはこの社会がいかに脆弱であるかを映画で示したいのです。

 

危険は決して克服されたわけではなく、だからこそ、これらのテーマに常に注意を払うことが重要なのです。本作品は社会や政治システムがいかに急速かつ不意に変化するか示しています。その危険性を認識し、手遅れになる前に対策を講じるために、私たちがいかに注意を払わなければならないかを示しています。

 

現在、世界中でポピュリズム運動が再び大規模に展開されています。右翼的な態度がいたるところで見られ、不寛容さが再び社会的に受け入れられるようになりました。このような時代だからこそ、反ユダヤ主義が再び増加しホロコーストが否定されることが多くなっているのです。

 

歴史を過ぎ去った過去として見るのではなく現在の出来事に置き換え過去を見直すことがとても重要です。その目的は「同等性」を主張することではなく「類似性」を発展させることなのです。

 

私たちは決して自分たちの歴史を忘れてはならない。自分たちの過去を抑圧する者はその歴史が繰り返される責任を負うことになるからだ。『ユダヤ人の私/A JEWISH LIFE』が時代を超越し、本質的な議論を生むことで幅広く国際社会に貢献をすることができればそれは歓迎すべきことだと考えています。

 

最後に、

私たちのドキュメンタリー映画は現代に残る最後のホロコーストの目撃者の体験と記憶を忘却させないために存在します。フィルムに収められたものが集合的記憶として未来に保存されることを信じています。

 

オーストリア・ウィーンより

group1.jpg
スクリーンショット 2021-09-15 11.32.17.png
AJL-Release.png