終戦から69年の沈黙を破り、

ゲッベルスの秘書が独白する。

若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942 年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69 年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。“ホロコーストについてはなにも知らなかった”と語るポムゼルの30 時間に及ぶ独白インタビューは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。

彼女のあらゆる表情と証言は、ナチスの時代を甦らせる。

いくつもの高精度カメラは、ポムゼルの深く刻まれた顔の皺や表情だけではなく、瞳の奥に宿す記憶をも鮮明にとらえる。幼少の頃の父親の思い出、初めて出来た恋人の話、ユダヤ人の友人の面影、そして“紳士”ゲッベルスについて、103歳とは思えぬ記憶力でカメラに語りかける。“いわれたことをタイプしていただけ”と語りながらも、時折、表情を強張らせて慎重に言葉を選ぶポムゼル。それは、ハンナ・アーレントにおける“悪の凡庸さ”をふたたび想起させる。

世界初公開のアーカイヴ映像が

戦争の真実を明るみにする。

本作品には、当時、世界各国で製作された様々なアーカイヴ映像が数多く挿入される。ナチスを滑稽に描くアメリカ軍製作のプロパガンダ映画、ヒトラーを揶揄する人々を捉えたポーランドの映像、ゲッベルスがムッソリーニとヴァカンスを楽しむプライベート映像、そして戦後、ナチスのモニュメントを破壊する人々やホロコーストの実態を記録した映像。それらは、戦争という人間の愚行はいつでも繰り返されることを語り、戦争の続く今日に警鐘を鳴らしている。

<左から>

アメリカのオリジナル映像 非ナチ化の編集前素材米軍通信部隊(ケルン1945年)  

イタリアのニュース映画 ゲッベルスのベネチア訪問(イタリア1940年) 

アメリカのオリジナル映像 解放後のエーベンゼー強制収容所米軍通信部隊(オーストリア1945年)

​​プロフィール

ブルンヒルデ・ポムゼル

1911年1月11日ベルリン生まれ。1942年から1945年までゲッベルスの秘書として働く。1945年、第二次世界大戦終戦後、ソヴィエト軍に捕らえられ1950年までの5年間、強制収容所に抑留される。1950年に解放され、1971年の定年退職までドイツ公共放送連盟ARDで働く。2017年1月27日、

1897年10月29日生まれ。国民社会主義ドイツ労働者党(ナチス)・国民啓蒙・宣伝大臣としてプロパガンダを管轄し、大衆をナチス支持へと扇動した。1945年5月1日、第二次世界大戦終戦間際、ヒトラーの自殺を追って、総統地下壕で家族とともに自殺する。

監督プロフィール

クリスティアン・クレーネス

1985年、オーストリアのテレビ局に入社する。1990年、ドイツのテレビ局に移籍し、ウィーンに映像プロダクションを設立し、フリーランス・プロデューサーとして活動する。仕事を通じて出会った、英国のアカデミー賞受賞俳優で、小説家、脚本家、劇作家、映画監督のピーター・ユスティノフと長年テレビや舞台製作を共にする。その後、ピーター・ユスティノフが設立した、難民の子供たちを支援するピーター・ユスティノフ・ファンデーションのアドバイザー兼マネージャーとして、彼が亡くなる2004年まで務める。2006年、ブラックボックス・フィルム & メディアプロダクションを設立し、会社経営、プロデューサー、ディレクター業を兼務する。

フロリアン・ヴァイゲンザマー

ウィーン大学で政治学とコミュニケーション学を専攻した後、オーストリアの政治誌「Profil」でジャーナリストとして働く。1995年、ウィーンを拠点にする通信社に転職し、ヨーロッパ全土に向けて多くのニュース記事や

ルポタージュを書く。その後、クリスティアン・クレーネスと、東欧とアジアをテーマにした数多くの政治・社会テレビ番組を制作する。同時に、映像やマルチメディアなど多岐に渡るアーティストとコラボレーションし、美術館での展示映像の製作なども行う。

オーラフ S. ミュラー

ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンとベルリン自由大学で歴史と哲学を専攻する。1997年より、フリー

ランスとして作家、監督、プロデューサーとして活動し、ドイチェ・ヴェレ、ドイツ公共放送連盟ARD、3Satなどドイツの主要放送局で多くの番組制作に携わる。2011年にブラックボックス・フィルム & メディアプロダクションに合流する。現在はベルリン在住。

ローラント・シュロットホーファー

ウィーン大学にて舞台、映画、メディア研究、心理学、ビジネスマネジメントを専攻する。在学時代に製作した短編映画『Grenzgänger(国境労働者)』は、オーストリア放送協会ORFの「短編テレビドキュメンタリー賞」を受賞する。2011年より、ブラックボックス・フィルム & メディアプロダクションに合流し、脚本家とプロデューサーとして多くのテレビ番組の制作責任者を務める。

ブラックボックス・フィルム & メディアプロダクション

クリスティアン・クレーネス率いる、ウィーンを拠点にする国際ドキュメンタリープロダクション。独自の視点であらゆるドキュメンタリー製作を手がける。ガーナの家電ごみ汚染を追った最新作『Welcome to Sodom』は2018

年度コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭(CPH:DOX)のコンペティション部門に選出される。現在、ホロコーストを生き延びた105歳のユダヤ人のドキュメンタリーを製作中。海洋資源の乱獲問題や有刺鉄線を巡る新作も製作中。